人気のミネラルファンデーション・リキッド・BBクリーム

ニキビや肌荒れを防ぐ洗顔方法とは?にきび対策をしっかりと

img_01

 間違ったスキンケアって?

美肌になるためにスキンケアを徹底している人は多いと思います。しかしスキンケア方法を間違えてしまっている人も少なくありません。

たとえば皮脂や汚れが毛穴に詰まることで発生するニキビですが、予防や改善方法として一番効果的なのが洗顔です。

しかしこの洗顔方法を間違ってしまうとさらにニキビを悪化させます。

まず洗顔を朝と夜の2回行う人もいますが、朝は洗顔料を使った洗顔は控えたほうが良いでしょう。何故かというと皮脂はニキビの原因にもなりますが、肌を守る役割もあります。そして夜の寝ている間に分泌される皮脂膜は天然のバリアとも言われており肌にはとても大切なものなのです。

洗いすぎは乾燥の原因

20141018130226-86Sまた朝と夜の2回洗顔を行うと肌が乾燥してしまう恐れもあるので1日1回程度が丁度いいと思います。

朝の場合は冷水などで軽く洗う程度にしておくと良いでしょう。洗顔料での洗顔は泡立てネットでしっかり泡を立ててその泡を肌に乗せて指先で優しく伸ばすような感覚で洗っていきます。

この時決して擦らないように注意することと時間をかけ過ぎないことが大切です。擦ってしまうと肌を傷つけてしまいますし時間をかけて洗うと肌が乾燥しやすくなります。

洗顔のポイント

泡を洗い流す際にはまずはぬるま湯で泡をしっかり落としてから冷水でサッと洗いましょう。
冷水で洗うことで毛穴が引き締まる効果があります。
化粧水はできるだけたっぷりと使用して肌をしっかり保湿することで肌の乾燥を防ぎます。
乳液は多く塗り過ぎてしまうと毛穴が詰まってしまい、黒ずみやニキビの原因にもなるので量には注意しましょう。

ニキビや肌荒れは初期段階であれば基本的に正しいスキンケアを行えば改善に繋がりやすいです。

しかし黄色ニキビや紫ニキビと呼ばれるものはニキビがかなり悪化した状態なので普段のスキンケアでは改善しにくいと言われています。そうなる前に予防しておくことが大切なのですが、肌荒れが悪化した場合には早めに皮膚科などの専門医に診てもらうことをおすすめします。